レンタカーをオンラインで初めて予約したときに必要だった手続きは

レンタカーは以前からよく利用していましたが、普段は店頭で直接借りていました。オンラインで初めて予約手続きをしたときには少し変わった手続きが必要で、免許についてオンラインでの手続きが必要でした。しかし、安全で簡単なものだったので問題はありませんでした。

割引があると知ってオンラインでの予約をすることに決めたレンタカー

レンタカーは必要なときに店頭に行って、そのときにある車の中から好きなもの選んで借りるものというのが私の以前の考え方でした。だいぶ昔からレンタカーを利用していたので、それが標準的だった頃から借り方が頭の中で更新されていませんでした。最近になって知ったのがオンラインで予約をしておけるということであり、好きな車種を手配しておいてもらえるということが魅力に感じられました。

それだけではなく、オンライン予約をして借りると割引があるシステムになっていたのです。そこで、早速オンライン予約をしてレンタカーを借りることにしたのですが、ふと疑問に思ったのが免許証の提示でした。借りるときには必ず提示を求められていたので、オンラインではどうするのだろうと思ったのです。

レンタカーの予約手続きのときに必要になった免許証の情報提供

私が選んだレンタカー会社の場合にはやはり予約段階で免許証情報の提供が必要になりました。オンラインでの予約手続きだったのでどのようにして免許証情報を提供したら良いのかはそのときにはすぐにはわかりませんでした。借りたい車種や借りる日付などの情報を入力して手続きを勧めていくとわかったのが、複数の方法の中から好きなものを選べるということです。

推奨されていたのがスマートフォンやデジカメ、スキャナーなどで取り込んだ免許証の裏表の写真をアップロードするという方法でした。その他にもコピーを郵送で送ったり、最寄りの営業所で現物を提示したりする方法も選ぶことができましたが、私が選んだのはオンラインでアップロードする方法です。

簡便で安全性の高い方法を利用することができた免許証情報の提供

免許証の情報をアップロードする方法は他の方法に比べて費用と労力のどちらをとっても魅力的でした。郵送する費用もかからず、営業所まで足を運ぶ必要もなかったからです。ただ、個人情報がはっきりと示されている免許証をオンラインでアップロードするのは気が引けたのも確かでした。

しかし、アップロードの際に暗号化のプロトコルが組み込まれているとわかり、安心できるシステムだとわかって写真をアップロードして糖力を行いました。このような簡便な方法があるならレンタカーの予約はもっと早くからオンラインで行っていたでしょう。セキュリティーにも問題がなく、安全な方法があることを知って、それからはずっとお得なオンライン予約をするようにしています。

Follow me!