海外でレンタカーを運転するにはどうしたら?(基本情報まとめ)

海外初心者の方や英語が苦手な方にとって、海外で電車やバスを乗りこなすのは至難の業。駅名がわからない・切符の買い方がわからないなど、トラブルがつきものです。レンタカーを運転できればそんな心配はありません。コストも抑えられるし、移動範囲も広がります。ここでは海外レンタカーの必要免許や予約方法などの基本情報をまとめました。

海外でレンタカーを運転するためには「国際運転免許証」が必要?

答えは「どちらとも言えない」です。実は海外でも、地域によっては日本の免許証を持っているだけで、海外の車を運転することができるんです。日本人の大好きなハワイもその1つ(ただし入国後1年間に限ります)。私もハワイでレンタカーを利用したことで、ビーチを離れて、アリゾナメモリアル・日立の樹・タンタラスの丘などを訪れることができました。

ただし基本的には「国際運転免許証」が必要な国がほとんどで、免許証の取得は日本国内で事前にしておかなければいけません。反対に「国際運転免許証」があっても運転ができない地域もあります。旅行が決まったら、旅行先の国がどれに該当するのか、レンタカーを予約する前に確認しておきましょう。

「国際運転免許証」を取得するためには、どんな手続きをすれば良い?

まずは「国際運転免許証」取得の場所ですが、最寄りの運転免許センター及び試験場で申請すれば、当日中に取得することができます。警察署でも取得することができますが、取得に時間がかかる場合があるのであまりお勧めできません。必要なものは「日本国内の運転免許証」「写真」「パスポート」「手数料」です。また過去に「国際運転免許証」を取得したことがある方は、その時の免許証も必要になります(私は期限が切れていたので捨てようとしました…皆さまお気をつけくださいね)。

以上が基本的な情報ですが、手数料等は都道府県によっても違うそうなので、直接申請場所に問い合わせるのが確実です。レンタカーを予約する際に「国際運転免許証」の取得の有無を問われる場合もありますので、早めに取得するに越したことはありません。

海外レンタカーの予約の方法と、気をつけるべきことはある?

海外レンタカーの予約と言っても、日本国内で事前に手続きをすればそんなに難しくはありません。日本国内にも拠点がある大手レンタカー会社なら、日本語対応のホームページからも予約が可能ですし、日本人スタッフが電話で対応もしてくれます。ただし利用条件の中に年齢制限を設けている会社もあります。

また、チャイルドシート・カーナビの性能など、必要な設備については事前に聞いておきましょう(私が過去にレンタカーを利用した際、カーナビは設置されていたのですが、日本語対応がない古い機種でとても苦労したことがあります)。それでも自信がない方は、手数料は余計にかかりますが旅行代理店にお願いするのが確実です。また、日本国内での予約をせずにどうしても現地でしなければいけなくなった場合は「国際運転免許証」のほか「日本の免許証」の提示を求められる場合があるので、念のため持参しておきましょう。