カテゴリーアーカイブ: 免許取得

免許を取ったらやってみたいことにチャレンジ!レンタカー予約!

友だち

運転免許を取るには時間もお金もかかります。まず気になるのは費用ですよね。運転免許を取得したら一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?費用は取得する予定の免許の種類によっても異なります。一般的には15万円から35万円前後となっています。15万から35万だと2倍以上も差があることがわかります。

なぜこんなにも差があるのか?というと、教習所で取得するか?あるいは合宿免許で取得するか?でも差が出てきます。合宿免許は合宿費を入れても安価なことが多く、費用負担が少ないのが特徴です。一方最寄の教習所に通うとなると費用負担が高くなります。これはそれぞれのシステムの違いです。

免許取得までにかかる時間は?

では免許を取るにはどのくらいの期間がかかるのか?も大事なポイントです。時間もけっこう取られます。免許取得までの期間ですが最長で9ヶ月というルールがあり、最短では2週間前後で取得可能です。2週間前後で取得の場合は、合宿免許が主体となります。なぜ9ヶ月となっているのか?というと法律で期限設定がなされているためです。みなさんもこれは最初に知っておくべきことです。このルールを知らずに特に社会人になってから免許取得をするとなると、時間の調整がうまくできず苦戦を強いられる場合も少なくありません。

免許を取るには仮免許や卒業検定もあります。こちらについてもルールづけがされているので、しっかり確認しましょう。免許取得は親にお金を負担してもらう人、自分でバイトをしたお金で通う人などさまざまです。いずれにしてもそんなに安い金額ではありません。事情があるのもわかりますが、自分でスケジュール調整をして、絶対に期限内にとる!というルールを定めることが大事です。こうしたことは全てにつながります。

レンタカー予約して竹田城にドライブ

免許を取得したらチャレンジしたいことがあることと思います。例えばドライブです。車の購入が難しい人はレンタカーを予約するのもおすすめです。レンタカー予約して天空の城と評判の「竹田城」に行ってみるのもおすすめです。
竹田城は山全体に城が築かれている形で設定されており、人気の高い観光スポットです。朝来市の交通はそれこそレンタカーが一押しです。運転免許を取得中も何か目標があると励みになるものです。この機会にぜひ竹田城入りを検討されてはどうでしょうか?

竹田城跡は早朝に行きましょう。早朝の姿は素晴らしいものがあります。ここから見える景色はまるでトラが伏せているようだといわれており、「虎臥城」とも呼ばれています。

 

ニコニコレンタカーでネット予約する時の流れと注意点とは?

格安レンタカーを借りようと考えた時、皆さんはどんなレンタカーショップを思い浮かべるでしょうか?
格安レンタカーショップはたくさんありますが、中でも全国的に知られているのが、「ニコニコレンタカー」です。

ニコニコレンタカーはオリコン日本顧客満足度ランキングにおいて、格安レンタカー部門2年連続1位を獲得しています。
そんなニコニコレンタカーを活用して車を借りる場合、どうすれば前日までに予約することができるのでしょう?
今回は前日までにニコニコレンタカーで予約する方法についてご紹介します。

予約はネットからが便利!

ニコニコレンタカーの予約方法としては、電話での予約とネットでの予約の2種類があります。
どちらも気軽に申し込むことができますが、電話だと予約受付時間が9時~21時となっており、早朝や深夜に予約したいという場合は予約できる時間になるまで待たなくてはなりません。

しかし、ネット予約を利用すれば24時間いつでも予約することができるのです。
また、あらかじめネットから会員登録を済ませておけば、店頭で記入することが少なくなり、当日スムーズに借りることができます。

ネット予約の方法としては、まず予約したいお店を検索して選びます。
そのお店の空車情報を調べ、車種を選択しましょう。

次に支払い方法を選んで個人情報を入力していきます。
予約内容を確認し、「同意して申し込む」をクリックすれば予約することができます。

ネット予約をする時に気を付けたいこと

ニコニコレンタカーで予約する時はいくつか気を付けないといけない点があります。
まず、免許を取得してからまだ3ヶ月も経っていないという人が運転する場合、必ず免許を取得してから3年以上の経験を持つ人も一緒に乗車しなくてはなりません。

また、子どもがいる場合はチャイルドシートの装着が必須となります。
チャイルドシートは持参するか、もしくは有料でレンタルすることも可能です。
ちなみにチャイルドシートだけではなく、ナビも有料レンタルとなります。

他にも、ネット予約を利用する場合は当日予約も可能ですが、出発3時間前までの予約となっています。
しかも直前に予約すると混雑の影響で車が借りられない可能性もあるので、できれば前日、もしくはもっと早い段階から予約を入れておいた方が良いでしょう。

100投稿目! またまたドライブ🚘新大久保行って、初めてチーズタッカルビ食べてきた🤗 意外と辛くて味が濃くて、ほんとはご飯がとっても進む感じ!美味しかった☺ その後は元店長に会いに武蔵村山まで行くも…会えず😂 もうこのチャレンジ3回目だよ、いつになったら会えるのやら😥😥😥 ずっとどこも道路が混んでたのはびっくりだけど、なんとか今回も無事楽しく帰ってこれてよかった☺ あと、パスポート取りました。 #ドライブ #ニコニコレンタカー #新大久保 #チーズタッカルビ #ジョンノ #初めて #武蔵村山 #やよい軒 #生姜焼き定食 #店長チャレンジ #失敗 #3連敗 #パスポート #取りました #100投稿目

souta kanekoさん(@cubic105)がシェアした投稿 –

初心者もOK!レンタカーを借りるのに必要な免許と借りられる車種

せっかく免許を取ったのなら、ドライブに行きたくなりますよね。その際レンタカーを利用する人も多いでしょう。しかし、免許を取りたての初心者ドライバーや、免許を持っていない人が代表してレンタカーの予約をすることができるのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。今回は、その不安を解消していきます。

免許がなくても予約できる?レンタカーの予約についての注意点

事前のレンタカーの予約には免許証は必要ない会社がほとんどです。したがって、免許がない人が代表者になってレンタカーの予約を取ることは可能です。私も免許を持っていない頃に大手のレンタカー会社でレンタカーの予約をしましたが、予約の時点では免許証を提示する必要はありませんでした。

免許証の提示が必要になってくるのは、レンタカーを借りる当日、出発前の手続きになります。そこではその日運転する人全員の免許証が必要なので、何人かで交代して運転する場合は注意してくださいね。複数人で運転する場合で、どうしても運転手が来られない時は事前に免許証を両面ともコピーしておけば、コピーの提出でOKとしてくれるところも多かったです。

レンタカーを運転したい!初心者でもレンタカーを借りられる?

免許を取って1年未満の初心者ドライバーでも、レンタカーを借りることができます。基本的には、自分で初心者マークを持って行ったほうがいいと思いますが、私が借りた店舗では無料で初心者マークの貸し出しをしてくれていました。免許証を提示した際に、免許取得後1年以上たっているかどうかの確認があります。

もし、初心者マークを借りたい場合は、予約の時点で初心者マーク貸し出しを行っているかどうかお店に確認してみるのがいいと思います。初心者マークがないと法律違反になってしまうためレンタカーを借りることができませんので注意してくださいね。また、初心者ドライバーには嬉しい大型保障タイプの保険が用意されている会社もあります。万が一傷をつけてしまったり事故を起こしてしまったりしたときのために、運転に自信のない人は大型保障の保険に入っておくのが安心です。

どんな車を運転できる?免許の種類と借りられる車種について

多くのレンタカー会社で車が借りられるのが日本国内の運転免許と国際免許を持つ人です。国際免許証を使う場合にはパスポートの提示が必要な会社もあるので、予約の時に確認してください。また、レンタカー会社では幅広い車種を貸し出していて、大人数で出かける際などは大きな車を借りたくなってしまいますが、ご自身の免許証でどのランクの車を運転できるのか知っておかなければなりません。

普通免許で運転できるのは車両重量5トン未満、最大積載量3トン未満、乗車定員10人未満の車です。平成29年3月12日以降に交付された普通免許だとまた変わってきますので、お気を付けください。レンタカー会社が定めている車両クラスの中でも運転できる車種とできない車種がありますので、予約の際に自分の免許で運転できるかどうか聞いてみるのがいいですね。私が今まで借りたレンタカー会社の方もとても親切に質問に答えてくれましたよ。

まずはレンタカーで運転練習を!初心者でも借りられますよ

旅

まずはレンタカーで運転練習をしたいと思っている人もいることでしょう。免許を取るまで長い道のりだった人もいるのではないでしょうか?根性を入れて、急いで取った人もいることと思います。いずれにしても運転免許を取るのは大変な作業です。本当にお疲れ様でした。

免許取得に向けた3つの方法

運転免許ですが、免許取得には3つの方法があります。1つ目は1番オーソドックスな方法で、近所から近い教習所免許で取得するといった方法です。この方法で取得する場合、最長9ヶ月かけて通うことができます。

つまり試験も含めて9ヶ月以内に取得できるようスケジュール調整をすればokというわけです。社会人の人はこの方法が1番です。免許は取得途中で嫌気が差したり、面倒になることもあるかと思います。実際勉強も必要ですし、時間についてもかなりかかり
ます。そのため自分に気合を入れて通うことが必要となります。

教習所で注意が必要なのが「指定教習所」あるかどうか?という点です。公安委員会が指定しているのが指定教習所です。
もし指定を受けてない場合、どういった点に差があるのか?というと仮免許を運転免許センターで受けなければならないなどのルールがあります。これも面倒です。できれば一度に済ませたいところですね。

免許取得をとにかく短時間で終わらせたい!といった人は合宿免許がおすすめです。このシステムは特定された宿舎に宿泊して短期間で全ての講義等を受けるといったものです。最短で2週間での取得が可能です。夏休みなど長期休暇を利用して受けることもできます。

免許が取れたらレンタカー借りて絶景スポットに行こう

こうして無事免許が取れたら、レンタカーを借りてなかなかいけないスポットに行ってみるのもおすすめです。絶景スポットに行くのもよいでしょう。レンタカーは免許初心者でも借りられるのか?と疑問を持っている人もいるかと思いますが、特段普通に借りることができます。レンタカーは時期によっては込み合うので早めに予約しましょう。早めに予約すると自分の希望に沿った車種や内容をセレクトしやすいといった特徴があります。

最近話題のスポットと言えばラピュタのようだと言われている要塞の島「友ヶ島」です。和歌山市加太の観光スポットであり、戦争当時の思い出が残されている地です。ここは第二次世界大戦終了まで一般の人は入れないシステムでした。島の中には現在も大砲など施設が残されています。

弾薬庫などもあり、当時の戦争の様子が伝わってくるスポットです。免許取得時もこうした目標を立てておけば、「よし!頑張るぞ!」という気持ちになれるかもしれません。

免許証があればレンタカーを借りるのは簡単!使ってみて良かった点

免許を持っていたとしても、肝心の自動車を持っていなければドライブをすることはできませんよね。そして、そんな方にお勧めになってくるのがレンタカーを予約する方法です。レンタカーを使えば、自動車を一時的に使えるようになるので、ドライブや旅行にも自動車で行けるようになります。

私が初めてレンタカーを使った理由は彼女とドライブに行くため

私は田舎に住んでいるときに、高校で免許を取得しました。そして、大学進学をするときに都内に行き、そこで就職したのですが都内は自動車がなくても電車や路線バスがあり普通に生活をする分には何不自由をすることがありません。ですので、就職した後もマイカーは購入せずに、免許だけゴールドのペーパードライバーになっていました。ただ、そこで問題が起きました。それは彼女ができたときに遠方へ旅行に行きたいときに自動車がないと困るということです。電車などでも旅行に行くことができますが、途中でコンビに立ち寄ったりするのもそれだと非常に面倒です。ですので、そこで彼女とドライブに行くために初めて私は予約を入れてレンタカーを使いました。

レンタカーの予約は非常に簡単。ネットからでも予約が入れられる

そして、そこで生まれて初めてレンタカーサービスを使ったのですが、実際に使ってみるとものすごく簡単に使うことができました。私は初めてだったので、最初は店頭窓口でお願いをして利用しましたが、それ以降はネット上で貸し出しができるレンタカーなどをチェックして、予約を入れています。パソコンやスマートフォンを持っている方なら、それ一つでネット上で手続きができるのでものすごく便利です。また、利用するときには免許証を持っていけばよく、そのほかに必要な書類も少ないですし、クレジットカードで支払いをすればキャッシュレスで使うことができます。またカーナビがついているレンタカーも多く、旅行に行くときには非常に助かりました。

レンタカー選びはここを見る!個人的に見ておきたいポイント

ちなみに、免許を持っていてこれからレンタカーの予約を入れようと考えている方は、その時に次のポイントを見ておくのがおすすめです。まず一つは、現金払いも可能なところです。レンタカーを予約するためには、クレジットカードでの決済のみ受け付けているところもあり、現金で支払いたい方は不便です。可能なら現金とクレジットカードの両方で支払えるところが良いですね。また、もう一つ確認しておきたいのは、車内の「臭い」です。特に彼女とドライブに出かけるような方は注意しましょう。レンタカーはいろいろな人が利用する車ですので、前の人の利用が悪い車だと独特な臭いがすることもあります。彼女を助手席に乗せたときに「くさい」なんて言われないようにその点も見ておきたいポイントとなります。

旅行先でものすごく大活躍するレンタカー!好きに自由に移動しよう

免許を持っているという方はレンタカーの予約が行えます。そして、レンタカーは旅行の時に大活躍するサービスですので、旅行を考えている方は、旅行先でレンタカーを使ってみてはいかがでしょうか。バスよりも移動の自由性があり、家族や友人だけのプライベート空間を楽しみながら旅行ができますよ。

沖縄旅行へ行ったときに私はレンタカーを使いました。非常に便利でした。

私の場合は沖縄旅行へ行くときに、そこでレンタカーサービスを利用しました。沖縄は旅行へ行くときには基本的に飛行機を利用しますので、マイカーをそこへ持っていくわけにはいきません。ですので、旅行先で自動車を使いたかったら、必然的にレンタカーといったサービスを使うことになります。また、沖縄はそのような旅行客が多いこともあって、免許を持っている方向けのレンタカーサービスを提供している業者がたくさんあります。空港近くにもありますし、予約も事前に行っておけば、現地についたらすぐに利用することができます。そして、家族と一緒に沖縄旅行に私は行きましたが、レンタカーで家族水入らずな旅行ができてとても満足することができました。

エアコンやカーナビがついていて道に迷わず快適な旅行ができる

また、沖縄のレンタカーサービスは、エアコンやカーナビがついているところも多く、暑い沖縄でも快適な旅行ができます。私は春先に沖縄旅行へ行きましたが、沖縄はそれでも真夏のように暑かったです。しかし、予約したレンタカーにはエアコンがついていたので車内は非常に涼しかったですし、観光地へもカーナビを設定すれば簡単にいくことができました。ですので、利用してよかったですし、また沖縄旅行へ行く機会があったら使いたいと思いました。免許を持っているという方は、沖縄だけではなくその他の自宅から離れた地へ旅行へ行くときには、現地でレンタカーサービスを使ってみましょう。ちなみに、事前予約を入れなくても当日中に貸し出しをしてくれるところもあります。

ガソリンを入れるのは忘れずに。また、ワンウェイができるところも便利

自動車免許を持っていればレンタカーの予約を入れることができますが、返却するときにはガソリンなど補充してから返却しなければいけないこともあるので注意しましょう。大抵のレンタカーサービスでは、ガソリン代は利用者が負担することになってきます。ですので、近くのガソリンスタンドでガソリンを入れてから返却する必要があるのです。ですのでその点は忘れてはいけません。ただ、中にはガソリンを満タンにしなくても、業者側が料金込みで行ってくれるところもありますし、ワンウェイといわれる、現地で乗り捨てができるサービスもあります。もっと手軽にレンタカーを使いたい方は、そんなワンウェイやガソリン補充が不要なところも使うのもおすすめです。

車借りる前に免許大丈夫?レンタカー予約の際に注意する事とは

私はレンタカー屋さんで数年間働いていました。そこで様々なご予約のお客様の対応をしていましたが、免許証を巡って様々なトラブルがありました。楽しい旅行や大事な出張の前に出鼻を挫かれては、その後の気分にも大きな影響が出てしまいます。そこで、注意する点を3つまとめました。

免許証を巡るトラブルその1免許証ちゃんと持って来ましたか?

レンタカーを予約して、さぁ旅行に行くぞという時に多いのが免許証を家に忘れるという事です。特に、普段は車を運転しない方に多いです。普段車を運転しない方は、免許証を普段から持ち歩かないという方もいらっしゃいます。その際、普段は免許証を家の戸棚等に大切にしまってあったりすると、当日お店に来店して初めて忘れものに気付くようです。

また、普段車を運転される方でも、免許証は財布などに入れてあると思いこんでいたら実際は違うところで保管してあり、うっかり忘れてしまう事があるようです。免許証が無いと免許不携帯となり、予約してある場合でも車を貸し出す事が出来ません。家に取りに帰るか、予約をキャンセルすることとなり、折角の楽しい時間を無駄にしてしまう事となります。

免許証を巡るトラブルその2免許証の有効期限は大丈夫ですか?

皆さんはご自身の免許証の有効期限はご存知でしょうか。免許証の有効期限欄が若葉色の方は、免許取得から3年間が有効期限となります。免許証の有効期限欄がブルーもしくはゴールドの方は、違反した回数や点数によって3年間若しくは5年間となります(ただし、70歳以上の方で無違反もしくは3点以下の違反が1回の場合は4年間)。

免許証の更新は、普段の日常生活の忙しさもあり、なかなか更新に行けなかったりお知らせ自体を忘れてしまう事があります。特に普段運転しない場合、まあいいかと更新を先延ばしにしてしまい、期限ぎりぎりまで放置してしまう事もあります。しかし、免許証の有効期限が切れている場合は運転する事が出来ません。そのため、旅行先等で久しぶりにレンタカーを予約して運転する際は免許証の有効期限を確認する必要があります。

免許証を巡るトラブルその3その免許証でその車を運転できますか?

レンタカーを運転する際、気をつけなければならないのが免許の種類です。多くの方が取得しているのが普通自動車免許です。普通自動車免許では1.5t車までで定員10人以下までの車を運転する事が出来ます。2017年3月21日に法律が改正され、準中型免許が新設されましたが、準中型免許では3t車までで定員10人以下の車を運転する事が出来ます。

中型免許は4.5t車で総重量11t未満で定員29人以下の車を運転する事が出来ます。大型免許は4.5t車で総重量11t以上で定員29人以上の車を運転する事が出来ます。法律が改正され、今まで普通自動車免許で運転できていた車の種類が変わりました。特に引っ越しのシーズンで大きな荷物を運ぶ時や、子供会や老人会などで旅行に行く時等で普段運転しない車をレンタルする時に多く発生します。予約をする前に必ず自分が持っている免許証で運転できる車の種類を確認することが必要です。

海外でレンタカーを運転するにはどうしたら?(基本情報まとめ)

海外初心者の方や英語が苦手な方にとって、海外で電車やバスを乗りこなすのは至難の業。駅名がわからない・切符の買い方がわからないなど、トラブルがつきものです。レンタカーを運転できればそんな心配はありません。コストも抑えられるし、移動範囲も広がります。ここでは海外レンタカーの必要免許や予約方法などの基本情報をまとめました。

海外でレンタカーを運転するためには「国際運転免許証」が必要?

答えは「どちらとも言えない」です。実は海外でも、地域によっては日本の免許証を持っているだけで、海外の車を運転することができるんです。日本人の大好きなハワイもその1つ(ただし入国後1年間に限ります)。私もハワイでレンタカーを利用したことで、ビーチを離れて、アリゾナメモリアル・日立の樹・タンタラスの丘などを訪れることができました。

ただし基本的には「国際運転免許証」が必要な国がほとんどで、免許証の取得は日本国内で事前にしておかなければいけません。反対に「国際運転免許証」があっても運転ができない地域もあります。旅行が決まったら、旅行先の国がどれに該当するのか、レンタカーを予約する前に確認しておきましょう。

「国際運転免許証」を取得するためには、どんな手続きをすれば良い?

まずは「国際運転免許証」取得の場所ですが、最寄りの運転免許センター及び試験場で申請すれば、当日中に取得することができます。警察署でも取得することができますが、取得に時間がかかる場合があるのであまりお勧めできません。必要なものは「日本国内の運転免許証」「写真」「パスポート」「手数料」です。また過去に「国際運転免許証」を取得したことがある方は、その時の免許証も必要になります(私は期限が切れていたので捨てようとしました…皆さまお気をつけくださいね)。

以上が基本的な情報ですが、手数料等は都道府県によっても違うそうなので、直接申請場所に問い合わせるのが確実です。レンタカーを予約する際に「国際運転免許証」の取得の有無を問われる場合もありますので、早めに取得するに越したことはありません。

海外レンタカーの予約の方法と、気をつけるべきことはある?

海外レンタカーの予約と言っても、日本国内で事前に手続きをすればそんなに難しくはありません。日本国内にも拠点がある大手レンタカー会社なら、日本語対応のホームページからも予約が可能ですし、日本人スタッフが電話で対応もしてくれます。ただし利用条件の中に年齢制限を設けている会社もあります。

また、チャイルドシート・カーナビの性能など、必要な設備については事前に聞いておきましょう(私が過去にレンタカーを利用した際、カーナビは設置されていたのですが、日本語対応がない古い機種でとても苦労したことがあります)。それでも自信がない方は、手数料は余計にかかりますが旅行代理店にお願いするのが確実です。また、日本国内での予約をせずにどうしても現地でしなければいけなくなった場合は「国際運転免許証」のほか「日本の免許証」の提示を求められる場合があるので、念のため持参しておきましょう。

鳥取観光するためレンタカーを借り、車自体や道の特長や感想

鳥取には砂丘や温泉など観光箇所がたくさんあります。しかし、列車やバスといった移動の交通手段は、本数が少ないため時間に制約があります。そこで、免許を持っていたことから、レンタカーを予約することを考えました。レンタカーで鳥取観光はカーナビの力で十分に楽しめました。

鳥取観光をより楽しむためレンタカーをネットで探し予約する

よく鳥取に旅行するのですが、鳥取は砂丘や温泉など魅力的なところがたくさんあります。観光するにあたっては、公共交通機関で移動するとしても、都会と違って列車やバスの本数が少ないため移動に制約が出てしまいます。そこで、免許を持っていることから、レンタカーを利用してみました。鳥取県にあるレンタカー会社を検索してみると、多々あって迷ってしまいます。

何かあったときにスムーズな解決が期待できること、少しでも不安材料を無くしたいことから、補償制度が充実している大手レンタカーを候補にしました。そして、選んでスマートフォンで予約しました。補償の有無や確認がしやすかったです。予約はスムーズにできたので、あとは当日にレンタカー屋に行くだけでした。

レンタカーの普通車を借りて運転し、車やカーナビについての感想

予約したレンタカー屋で免許証を提示して説明などを受けました。その後、レンタカーに乗車して出発しました。カーナビが標準装備されているので、慣れない道でも安心です。ETCカード装着入れがありますが、高速道路に乗らなかったため、装着しませんでした。

運転中ナビの画面には、右左折する際、あと何メートルかが表示されました。そして、音声案内が数百メートル前からに加えて曲がるところでは左折ですとしっかりなされるので、間違って一つ前で曲がってしまうといったミスがありません。選んだレンタカーはコンパクトカーの普通車だったので、小回りが利いてパワーがありました。従って、山道といった勾配のある道でも、ストレスなく運転できました。鳥取は山道などの勾配のある道がとても多いので、尚更助かりました。

鳥取を運転してどうだったか、車の量や道そして信号機のこと

鳥取を運転して分かったことは、自転車や歩行者が非常に少ないことです。その点は不安がなく運転でき、初心者には優しいと思えました。ただ、夜になるとネオンや街の明かりがかなり少ないため、暗いです。車のライトだけが頼りになってしまいます。対向車がいるためできないですが、ずっとライトをハイビームにしたいくらいです。信号機が黄色点滅のところが多いため、赤信号に変わるための注意信号かが分からなくなってしまうことがあります。

たまにセンサー感知式の信号機があり、停止線の近くに止まらないとセンサーが感知せずにずっと赤信号のままになってしまいます。私も感知式を知らずに赤信号のまま止まっていて焦りました。とはいうものの、鳥取観光にはレンタカーがとてもふさわしかったです。時間の制約が無く楽しめる、車でしか行けないところがるのが大きな理由です。免許がある方はレンタカーを予約するのがおすすめです。

レンタカーをオンラインで初めて予約したときに必要だった手続きは

レンタカーは以前からよく利用していましたが、普段は店頭で直接借りていました。オンラインで初めて予約手続きをしたときには少し変わった手続きが必要で、免許についてオンラインでの手続きが必要でした。しかし、安全で簡単なものだったので問題はありませんでした。

割引があると知ってオンラインでの予約をすることに決めたレンタカー

レンタカーは必要なときに店頭に行って、そのときにある車の中から好きなもの選んで借りるものというのが私の以前の考え方でした。だいぶ昔からレンタカーを利用していたので、それが標準的だった頃から借り方が頭の中で更新されていませんでした。最近になって知ったのがオンラインで予約をしておけるということであり、好きな車種を手配しておいてもらえるということが魅力に感じられました。

それだけではなく、オンライン予約をして借りると割引があるシステムになっていたのです。そこで、早速オンライン予約をしてレンタカーを借りることにしたのですが、ふと疑問に思ったのが免許証の提示でした。借りるときには必ず提示を求められていたので、オンラインではどうするのだろうと思ったのです。

レンタカーの予約手続きのときに必要になった免許証の情報提供

私が選んだレンタカー会社の場合にはやはり予約段階で免許証情報の提供が必要になりました。オンラインでの予約手続きだったのでどのようにして免許証情報を提供したら良いのかはそのときにはすぐにはわかりませんでした。借りたい車種や借りる日付などの情報を入力して手続きを勧めていくとわかったのが、複数の方法の中から好きなものを選べるということです。

推奨されていたのがスマートフォンやデジカメ、スキャナーなどで取り込んだ免許証の裏表の写真をアップロードするという方法でした。その他にもコピーを郵送で送ったり、最寄りの営業所で現物を提示したりする方法も選ぶことができましたが、私が選んだのはオンラインでアップロードする方法です。

簡便で安全性の高い方法を利用することができた免許証情報の提供

免許証の情報をアップロードする方法は他の方法に比べて費用と労力のどちらをとっても魅力的でした。郵送する費用もかからず、営業所まで足を運ぶ必要もなかったからです。ただ、個人情報がはっきりと示されている免許証をオンラインでアップロードするのは気が引けたのも確かでした。

しかし、アップロードの際に暗号化のプロトコルが組み込まれているとわかり、安心できるシステムだとわかって写真をアップロードして糖力を行いました。このような簡便な方法があるならレンタカーの予約はもっと早くからオンラインで行っていたでしょう。セキュリティーにも問題がなく、安全な方法があることを知って、それからはずっとお得なオンライン予約をするようにしています。